会社を覗く

愛知鋼業のしごとの流れ

「会社を覗く」ページをご覧いただきありがとうございます。
当ページでは、Webサイトをぱっと見ただけでは判りづらい、愛知鋼業の具体的な業務の流れや、会社内で行われているレクリエーションをご紹介いたします。
「愛知鋼業株式会社ってどんな会社?何をしているの?」と思われた方に、少しでも当社のことを知っていただければ幸いです。
では、まず業務の流れからご案内いたします。

≪営業・商談≫

鋼材特約店やゼネコン、鉄筋屋から鋼材を受注。
メーカーへ発注します。

≪ラベル付け≫

メーカーで生産された出来立ての製品(鉄筋)へラベルを取り付けます。

≪トラックへ積み込み①≫

正結束製品の積込みはマグネットクレーンで行います。ドライバーは合図のみです。

≪製品のバラし作業≫

顧客(納品先)のオーダーに従って、正結束をバラして必要本数を取り出します。

≪玉掛け作業≫

バラ結束を作成したら、トラックに積込むために玉掛け作業を行います。

≪トラックへ積み込み②≫

バラ結束の積込みは主にホイストクレーンで行います。ここではドライバーも積込みを一緒に手伝います。

≪検品作業≫

QRコード読取機(ハンディ)を使って、本数に間違いがないかをチェックします。

≪外観検査≫

目視にて出荷製品に問題がないかを確認します。鋼材の端面に錆びを発見したら、ドライアイスを吹き付けることで洗浄します。

≪トラック出発≫

積込み完了後、出荷伝票を受け取ったら配達先へ出発します。宵積みであれば ドライバーは1日の仕事の終わりです。

≪幌付きトラック出発≫

雨濡れ厳禁等の商材を運搬する場合には、幌付きセミトレーラーで出発します。

≪納入先へ到着≫

納入先(お客様)の担当者へ出荷伝票を手渡して、荷卸し作業を行います。気持ち良く挨拶をしましょう。

レクリエーション

2019年忘年会
冬のクリスマスリース製作
夏の慰労会
運転手向け研修会
謹賀新年2020